あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

【年収500万円台】3人家族が破綻しないための適正住宅価格は?!老後の資金はどうためる?

f:id:hakumaitakana:20170731174542j:plain

 

こんにちは。

主婦投資ブロガーのあかりです。

 

年収500万円の男性は日本人口の12パーセント。

そう考えるとファミリーとしては割と多い世帯だと思います。

 

今回はそんな年収500万円台世帯がどのような暮らしをすれば、生活が破綻しないかを調べたので記事にしました。

 

住宅価格、子供の数、老後の資金などなど

まとめましたのでご覧ください!!

 

はじめに年収500万ってどんな人?

 

年収500万円の人は手取額にすると396万円です。

月収に換算すると24〜25万円になります。

 

神奈川で暮らしているとなるとどんな暮らしが破綻しない?

 

神奈川で暮らしている年収500万の20代夫婦という設定にしましょう。

仮に男性をかな男さん。女性をかな子さんとしましょう。神奈川にちなみ

かな男さん 年収500万 27歳 ←高給取りですね!

かな子さん 年収200万 26歳

 

結婚したカナ男さんとカナ美さんは、子供が欲しいと思いました。

でもかな美さんは子供を妊娠したら仕事をやめ、主婦になるのを希望しています。

 

このようなケースでは結婚2〜3年は子供を作らずに仕事をして500万円の貯金を作るといいでしょう。

 

この500万円の内訳は、

200万 住宅諸費用

100万 子供を3年間幼稚園に通わせるためのお金

100万 出産費用と出産準備品購入のためのお金

100万 純粋にただの貯金

 

これだけあれば、子供を産んでもカナ男さんはしばらく一人で

頑張れそうです。

 

さて、カナ男さんとカナ美さんは3年間で500万円の貯金を作りました!

そしてカナ男さん30歳の時に子供を妊娠、出産です。

 

さて、カナ男さんは悩みました。

子供が生まれたからにはマンションが欲しい!

でも、いくらなら家計の負担にならないだろう?

 

年収500万子供1人家庭で選ぶべき住宅価格とは?

 

あかりがお勧めするのは、2000万円台以下の中古マンションです。

神奈川は地価が高いです!なので2000万円台となると中古住宅になります。

 

マンションは鉄筋コンクリートで出来ているので

住宅によっては100年持つと言われています。

 

30年で劣化が始まる戸建と100年持つマンションなら

中古住宅の場合は絶対にマンションを選ぶべきです!!

 

もしかな男さんとかな子さんが築33年の中古マンションを買ったとしたら

そのマンションは修繕がしっかりできていれば67年は持ちます。

その頃、かな男さんは97歳。

 

ちゃんと老後も住むことができています。

カナ男さんが120歳まで生きた場合は?

 

大丈夫です。老後の資金はシュミレーション上ちゃんと用意してあるので

賃貸物件は借りれます。

それくらいの余剰はあります。気になる人はこの記事を読み進めてください。

 

2000万円台のマンション購入 月々の返済額は?

 

1680万円の中古マンション 駅から徒歩5分 2LDK 59平米

という住宅があったのでシュミレーションです。

 

変動金利0.4パーセント 頭金なしで計算です。

毎月の返済額は管理費も入れて6万3千円

 

月収24万円のうち、6万円で抑えられています。

なかなか手堅い数字になりました。

 

神奈川で6万の賃貸。あるといえばあるのですが、地価が高いエリアによっては

あまり子育てに適した環境ではない場合もあります。

なので独身でないのなら、購入した方が広さや良い環境が手に入ります。

 

なのでなるべく環境に投資する意味で

購入がおすすめです。

 

子供は毎月いくらかかる?

あかりはまだ、子供が1歳なのでなんとも詳しくはお伝えできませんが、

ミルク育児なので毎月3万はかかります。

 

今日はイケアに行き、子供のプレイトンネルを買いました。

3千円なり。

薬局にミルク、おむつ、赤ちゃんおせんべい二つ、離乳食パウチ二つ買ったら

4千円かかりました。

今月はおままごとセットを買ったら6千円しました。

 

なんやかんや、毎月4万はかかっています。節約すれば月3万円です。

子供はめちゃくちゃお金かかります。少なくとも子供1人につき毎月3万はかかると見積もるといいと思います。

 

と、いうことでカナ男さんとカナ美さんの家庭の

月収は24万ですので、住宅ローン6万と光熱費、通信費、3万円のカナ男さんのお小遣いを引くと13万円残ります。

生活費を10万として3万毎月貯金できますね。

生活費10万のうち、3〜4万は子供で使うお金です。

 

子供が幼稚園に行き始めたら月1万円ほどで抑えらえれると

思います。

 

教育資金はどうする?

 

教育資金については、わざわざ用意しなくても大丈夫です。

児童手当も使えば四年生大学分は余裕で貯まります。

 

児童手当の15000円を投信で年利3パーセントで運用すれば18年後には421万円になります。もちろん途中で児童手当ては1万円になるとは知っています。

その時は預金から出して、投信に入れて運用してあげてください。

 

 

あかりのシュミレーション通りなら二人はいくら貯金できる?

 

カナ男さんとカナ美さんは年いくら貯金できるでしょう。

月収24万だけを使うと残りは108万円です。

そして、毎月3万円貯金できた場合は、そこにプラス36万円です。

ということで毎年144万円は貯められます。

 

年収500万の平均貯蓄額は845万円です。

 

 

老後のお金について

 

老後のお金は5000万円は必要と言われています。

今回はカナ男さんが退職金1千万円の見込みがある前提にします。

 

カナ男さんは30歳になってから、老後のお金の貯蓄を始めました。

この場合、最終積立額は4000万円なので毎月8万円を3パーセントで運用しなくては間に合いません。

毎月8万円を投信で運用するとカナ男さんが57歳になっているころには

4000万円貯蓄できている計算になります。

 

ということで、子育てをしながらもカナ男さんは

毎年96万円は老後の積立資金にしなくてはいけません。

 

先ほどの144万のうち、96万は老後のために必須となります。

すると残り48万円。

 

いざという時に引き出せるお金は年に48万円しかたまりません。

 

老後のお金まで用意すると破綻する年収500万世帯。

 

車を持っていた場合、2年に1回の車検があります。20万円なり。

そのため毎年10万円はかかる計算になります。

 

そしてカナ男さんは毎年お正月に実家のある九州に帰省するとします。

飛行機を使うのでカナ美さんとカナ男さんだけで往復トータル10万円かかります。

子供が大きくなって3人分の飛行機代となると15万円かかります。

 

そして中古マンションの固定資産税もあります。15万円と見積もります。

 

軽の車を所有しているとしましょう。

この場合も10年ごとに買い替えが必要になります。

200万円の軽を10年ごとに買い換えるとなると毎年20万円は積立なくてはいけません。

 

 

この時必要なお金は55万円。

破綻です。

お金が足りません。 

 

軽は乗り換えるなら、中古車にする。

帰省は2年に1回にする。

など工夫していかないと立ち行きません。

 

お分かりでしょうか?あかりが2000万円以下の中古マンションをすすめるのは

計画的に老後の貯蓄をして欲しかったからです。

これくらい住宅費を抑えても、生活は破綻です。

 

カナ美さんがお子さんが小学校にあがるとともに

月8万円のパートに出れば年収100万プラス。

 

これでやっとギリギリの生活から抜け出せます。

家電や家具もやっと買えますね。

 

ギリギリの生活を送らないために

 

ギリギリの生活を送らないために、子供は1人にしましょう。

年収500万円の人で奥さんがパートをしてるなら、子供は1人が適正人数です。

 

先ほど、教育資金は400万円たまるといいましたが、

場合によっては奨学金を借りてもらわないとダメなのが年収500万円世帯です。

 

あかりは子供が高卒でもいいと思います。

子供が高卒でも死にませんが、親である我々は貯金が底をつけば首を吊るしかありません。

教育資金よりも、老後の貯蓄です!!

 

そのためには破綻しないために、子供は1人が鉄則です。

 

おわりに

 

結構楽観的な人が多いのが年収500万円世帯なんじゃないかと思います。

年収500万世帯で子供二人はよほど住宅費用が安い地域じゃないと無理です。

もしくは老後のお金はまったく貯蓄できていないかどうか。

 

未婚でこの記事を読んでいる方は、

参考にしてぜひ手堅くいきてください。