あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

【二人目の壁】子供何人ほしい?は月収を基準に考えるべし!【年収700万で子供2人論】

f:id:hakumaitakana:20170729061046j:plain

 

こんにちは。

主婦投資ブロガーのあかりです。

 

子供がほしい!といっている人をみると

大抵、2人希望している人が多いですね。

 

では年収レベルでいくらあったら

子供2人は可能なのでしょうか?

 

年収500万では2人の子供は無理、という試算もありますね。

 

 

そこで子供が1人ほしい場合、子供が2人欲しい場合の

月収を考えて見ました。

 

参考になれば幸いです。

 

 

我が家 子供一人

 

我が家は残業代によっても変動しますが、残業がなければ月収21万円です。

そうなると生活費として8万円残ります。

その生活費の中でも子供のお金だけで2万6千円はかかっているのが現状です。

ミルクやオムツだけではありません。ガーゼ、スタイ、洋服、おやつ、離乳食、おしりふき、おもちゃなどなど様々なものが日常でかかります。

 

場合によっては子供のものだけで月4万円かかることもあります。

 

子供が3歳になって幼稚園に行けば、月3万円はかかります。

その頃も、下着やパンツ、おやつやおもちゃとまだまだお金はかかります。

 

月収21万では、子供1人が限界です。

 

 

子供二人生まれたらどうなるか?年子など

 

年子で子供が生まれた場合や、2歳差で子供が生まれた場合はどうでしょう。

毎月3万幼稚園でかかります。そして赤ちゃんもさらに毎月3万ほどかかります。

幼稚園代だけではありません。食費も増えるし、服も買わなくてはいけない。

すると子供が二人いた場合、月に7万は見積もらなくてはいけないのです。

 

今までシャケを2切れ買っていたのが、4切れになる。

今まで買っていた肉が、量が倍になる。

大人は靴は年1回、一足買えば足りたけど、子供はサンダルも運動靴もすぐに消耗する。

 

レジャーだって、単純に4人分のお金がかかるようになります。

ディズニーランドに子供二人と大人二人。これだけで、何万とかかってしまうでしょう。

 

仮に家賃8万円の家に住んでいたとして、子供をもう一人ほしいなら

最低でも月収28万は必要だと私は思います。

 

東京ですと、もっと必要ですね。

最低でも月収30万以上は必要でしょう。

 

これは日々、家計簿をつけていれば出てくる数字です。

 

子供何人ほしい?は精神論の問題ではありません。

月収から考えるべきです。

 

 

 

もし男の子二人生まれたら

 

男の子は思春期頃になると、食費が月に6万ほどかかるそうです。

男の子3人だったら月に10万は見ておくべきです。

お母さんのパート代が全て食費に消えそうな勢いです。

 

また、男の子はスポーツクラブに入ったりもします。

怪我も多いです。

 

女の子か、男の子かによっても

毎月必要な額は決まってきます。

 

とにかく男の子なら、将来の食費を覚悟しなくてはいけません。

 

 

掲示板などを見ていると、子供の数を精神論で述べる人が多いです。

兄弟が居た方が、一緒に遊んでくれるから楽。

にぎやかで楽しい。

 

でも本来は月収を見てできちんと考えるべきです。

 

 

年収700万円で子供2人説

 

年収700万円あれば子供2人は大丈夫かと思います。

年収700万というと共働き世帯でしょうか?

 

 

確かに、共働きの人はもう1人欲しいな...

と言っている人が多いです。

 

奥さんが正社員で大企業だと、育休などしっかりしていて子供が作りやすいです。

 

わたしは旦那さんが1人で年収700万世帯なら

子供は1人を勧めます。

 

税金面や、退職金などでも共働き層とは違うからです。

共働きは退職金も2倍。そして引かれる税金も少ない。

 

実際の手取額では共働き層が多いです。また、2人分の収入があるのでリスクヘッジにもなります。

 

子供が3人から4人欲しい

 

子供が3人から4人欲しい場合は、世帯年収が1000万円超えているのが望ましいです。

世帯年収1700万の家庭でも子供5人はなかなか大変そうでした。

 

逆にいうと、母子家庭で子沢山は楽なんじゃないでしょうか?

手当のお金が沢山もらえます。

そこらへんの国の仕組みもちゃんと見ておくといいですよ

 

まとめ

  • 子供の数は冷静に月収から割り出して決めること
  •  何人欲しい、ではなく何人なら育てる余裕があるのか、この視点を持つこと

 

ここの部分が抜けている人が多いです。

老後、貯金が底をついて自殺しないために、ちゃんとしっかりお金について学びましょう。