あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

【投資とか数字に弱い人向け】今すぐ簡単にお金に強くなるたった1つのコツ

f:id:hakumaitakana:20170801131612j:plain

 

こんにちは。

主婦投資ブロガーのあかりです。

 

あなたはお金に苦手意識がありますか?

 

お金と聞くと計算や簿記、投資などを思い浮かべるとおもいます。

 

  • 簿記も難しくて... お金の計算なんて苦手だよ
  • 素人はやっぱりお金について詳しくなんかなれない...
  • 女だからお金の話は難しくてさっぱり

 

もしかしてお金に苦手意識があるのは

お金を「数学」と思っているからかもしれません。

 

しかし一切、計算ができなくてもお金に強くなることは可能です。

 

中学生の頃から投資について学んだ私は、数学は学年で下から2番目

中学生のことから、ニューズウィーク東洋経済を読み漁っていた私は

経済や金融、業界の動きにはほんの少し詳しくなりました。

 

でも高校生の学年テスト。

数学はテストで下から2番目でした。(英語も下から2番目)

400人いる中でほぼビリですから、相当なアホです。

 

ちなみに、進学校ではありません。

 

暗算はできないし、7の段が間違ってます。

電卓がないと話になりません。

 

それでも国立出た夫よりも、お金の話題には詳しいです。

 

そう、お金って計算するものじゃないんです。

数字に弱いのと、お金に弱いのはまったく別ものだと気付いたんです。

 

お金は文系科目?理系科目?

 

お金って理数系科目だと思ってました。

いろんなパーセントがでてきますし、原価計算などなんのことやらサッパリ。

足し算、引き算すらまともに出来ない私は、お金に弱いと思ってたんです。頭悪いし。

 

でもお金って頭悪くても強くなれるんです。

 

お金は文系?理系?

 

答えは文系科目。

しかも暗記中心です。

難しい、複雑な計算はできなくてもいい。

 

本当にお金に強い人はお金を計算しません。暗記しています。

お金は暗記するものなんです!!

 

数字に意味を見出せるか?お金は感度が重要だ!

 例えば、投信における運用利回り3パーセント。

 

これを聞いて何を思いうかべますか?

私は手堅い運用利回りだなとおもいます。

 

一方、運用利回り7パーセントと聞いて、

私はあやしいんじゃない?と疑えます。

 

お金って暗記するもの、と言いました。

それはこういうことです。

 

どの数字なら安全で、どの数字なら危険なのか。

それを覚えるだけで、お金には強くなれるんです。

 

数字に意味を見出し、判断につなげなれるか?それがお金の感度です。

 

たとえば、家電の値段を聞いてパッと安いのか、高いのか妥当なのかの

判断ができる。これもお金に強いことになります。

 

自分の年収や月収から、無理のない販売価格の住宅を選ぶことができる。

これもお金に強いことになります。

 

経営者でしたら、お客さん一人当たりの単価がいくらになれば赤字にならないか

暗記していればいいだけです。それより上回れば安心。それより下回れば赤字で危険。

 

お金に強いというのは基準となる数を知っているかどうか。

それだけです!!

 

なので女性だからお金のことが分かんない、と思ってた人は安心してください!

お金は文系科目だし、知っているかどうか それだけです!

 

計算ができることと、お金に強いことは違う、というのは

中卒でも高卒でも社長になる人が一定数いることが物語ってます。

 

もちろん、経理部に人を雇っていると思いますが

本当に大事なのはお金の感度なのです。

 

  • このフロアを借りるのにこの値段は妥当か?
  • この取引でこの利益は、多いのか少ないのか?
  • 自分のサービスは競合他社と比べてどうなのか?
  • 魅力的な価格設定か?
  • 何人の客がいくら使えば経営は成り立つのか?

 

これは難しい計算ができなくても

お金の感度が高ければ成り立つものです。

 

お金の計算ができる人が、お金に強いなら

税理士や会計士はみんな億万長者ですよね。

 

でも実際は違う。

お金の感度と計算の能力は、また別のものだからです。

 

今すぐお金に強くなつたった1つのコツ

 

今すぐお金に強くなるたった1つのコツ。

それは自分のお金にまつわる項目を暗記する、ただそれだけです。

 

自分はあと何年働けるか?は引き算すればできます。

老後のお金はいくら必要か?はネットで調べれば出て来ます。

じゃあ、老後のお金を貯めるのに今から毎月いくら貯金しようか?も

簡単な掛け算と足し算、引き算でできます。

 

お金は基準となる数字を暗記するだけ。

こんなシンプルなことで、誰だってお金に困らなくなるのです。

 

覚えられない人は手帳に自分にまつわるお金の数字を書いてみましょう。

これだけで、明日からあなたのお金のリテラシー度が高まります。

 

お金の知識は女性の武器!ぜひ、武器を磨いてくださいね!