あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

【お金の大きな間違い】因数分解って数学だけじゃない!「お金」こそ因数分解を応用して知識の武器にしよう!

f:id:hakumaitakana:20170810105940j:plain

 

数学も英語も、高校時代学年で下から2番目だった私が

なまいきにも、お金と因数分解について解説します。

 

さて、高校時代の知識って実社会でまったく役に立たなかったりしませんか?

平等院を知らないからといって、

レモンが漢字で書けないからといって、

数3や物理が解けないからといって社会で何か不利になる事はありません。

 

でも一つだけ、役に立つ考えからがあるとするならば

因数分解です。

 

今回は、因数分解を使って

お金というものに迫っていきます。

 

一般的に陥りやすいお金の大きな間違いとは

 

多くの人は「お金」というものを特別に捉えすぎです。

もしくはスピチュアルに捉えすぎ。

 

例えば、お金に強くなりたい!というのに

今入っている保険がどんな商品内容なのかすら知らない。

 

投信がよくわからない。

 

自分の年収だと確定拠出年金が毎月いくらかけられるのか

わからない。

 

こんな感じで、「お金」と「保険」

「お金」と「投信」

「お金」と「確定拠出年金

 

ぜんぶ別々の問題として分けて捉えていることが

問題です。

 

「お金」の知識を武器にしたいなら、

「お金」を細かく因数分解しなくてはいけません。

 

つまり、お金の要素を細かく分類分けしていくのです。

 

 

例えば

住居費、ローン、手付金、修繕費、管理費、保証料、印紙代、事務手数料、

家賃、更新代、固定資産税、ローン減税、

 

などなど家を一つとってみても

勉強する項目は多岐に渡ります。

 

保険もそう。

養老保険、学資保険、生命保険、医療保険自動車保険、自転車保険、海外保険、

終身、掛け捨て、定期、などなど

これもたくさんの項目があります。

 

保険会社も含めたら、もう星の数ほど

商品はありますよね。

 

子供の学校についても

小学校から私立もあるし、インターナショナルスクールもある。公立もある。

大学は4年制や6年制 、専門学校、短大、理系文系などなど

習い事も含めるともっとたくさんの要素があります。

 

 

「お金」を知りたいなら、

家を知れ!!

保険を知れ!!

養育費を知れ!!

学費を知れ!!

 

と私は声を大にして言います。

 

私は家の話をよくブログにしていますが、家について詳しくなればお金にも強くなれます。

お金と家は違う項目ではありません。

私からしたら、家はお金という勉強の一部です。

 

お金にはあまりにもたくさんの要素がある。

だから因数分解して、コツコツひとつひとつ勉強する必要があります。

 

お金欲しい??

お金に恵まれたい??

 

なら、なぜローンや保険、老後の資金について計算しないのですか??

 

キラキラ系スピリチュアルなお金のセミナーに20万払っている

場合じゃないです!

 

お金はエネルギーですが、エネルギーだけ知っても何にもなりません。

実際に、ちゃんとお金と向き合いましょう。

 

キラキラ系セミナーはお金からの逃げです。

借金を返さないのも、お金からの逃げです。

 

お金から逃げている限り、ぜったいに楽になりません。

 

 自分の周りのお金を、特別扱いしないでください。

まずは、ひとつひとつ勉強することから始めましょう。

 

家、保険、子供、車

この4つは特にお金がかかるものです。

 

お金を貯めたいのなら、

これらの支出の現状を把握する。

 

これはお金と仲良くなる第一歩です。

お金としっかり向き合いましょう!!

 

 

レシートを捨てる、家計簿をつけない

これらはぜんぶ お金から逃げてるだけ!!

 

逃げた先には貧困が待っています。

元貧困家庭育がいうんだから、間違いありません。