あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

クレジットカードのポイントをスタバカードにして激しく後悔した話し。私はまだまだ思考が貧乏だった。

f:id:hakumaitakana:20170816102415j:plain

 

クレジットカードのポイントって、みなさん何に使ってますか?

グルメ券、マイル、クーポン券などなど様々なものに変えられて便利ですよね。

 

クレジットカードのポイントのいく先には

その人のお金の使いたかがみえるとおもいます。

 

ついでに、人生におけるセンスも。

 

最近、わたしは自分のお金のセンス、ひいては人生のセンスがないことに

絶望しました。

 

クレジットカードのポイントをスタバカードにしたら、めちゃくちゃ後悔した

 

クレジットカードに3,000ポイント以上ありました。

今まで何にもポイントを変換したことがなかったので、けっこうたまっていました。

 

じゃあ、友達にスタバカードでもプレゼントしよう!

とスタバカードを選ぶことに。

 

でも届いてみて思ったんです。

 

「ポイントでもらうスタバカードって嬉しい??」

「なんかすごく“ついで“みたいで嫌じゃない?」

 

 

私が彼氏から

「クレジットカードでポイント貯まったから商品券あげるよ」

と言われたらなんだかあまり嬉しくありません。

 

何?そのおこぼれ感!!

 

 

年収1000万でも独立するな!!お金が人よりあるからといってセンスがあるとは限らない!

 

わたしの知り合いのそこそこ裕福な人(推定年収1200万)

はちょいちょい、もらいもののお菓子や商品券をくれます。

 

自分で買ったものじゃなく、その人が部長だから

タダでいただいたものです。

 

極貧時代には大変助けられたのですが

今更になって自分がいらないものをあげるってどういうセンス??

と思えてきました。

 

企業にお勤めだからまだしも、

これをフリーランスや起業家がやったら大変なことよね??

 

人間関係のセンスも、お金のセンスも

ひいては人生のセンスもないことになります。

 

だって嬉しい??他人がいらないもの

いただくの。

 

もう着なくなった服を誰かにあげるのも、

その人が金銭的に困っていたら別ですが

それほどでもない時は、逆に失礼にあたりますよね。

 

その人は独立して大儲けしたいと考えていましたが、

じぶんがいらないものを他人にあげる時点で

経営は向いていません。

 

お勤めが向いているでしょう。

 

 貧乏は心の病。ということは心が治れば貧乏はやめられる!早く治そう!!

 

なぜ、わたしはこんなにも

タダでもらったものを友達にあげてしまうのでしょう。

 

それはわたしの育ちに影響されています。

 

わたし、逆に極貧幼少時代は

人からいただいたもので生きてきたのです。

 

それがないと、洋服も文具も満足に揃えられなかったんです。

 

だから大人になっても

他の人にも普通にじぶんが着なくなったもの

いらなくなったものをあげてたんです。

 

タダでもらったものや

中古品をあげて人が喜ぶと思ってたんです。

かつて大喜びしていたじぶんがいたので。

 

でも、そんなことしないで新品のプレゼントや気の利いたお菓子でも

あげればよかったんだよ!!

 

貧乏ってコワイ!!

他人の気持ちが見えなくなるし

損得でしか考えられなくなります。

 

わたし、お金が大好きですが

お金持ちになりたいがためにお金を愛しているわけじゃありません。

 

むしろじぶんが貧乏思考であるために

損得という狭い枠組みでしか考えられないのが嫌なんです!

 

貧乏は思考の病気!!他人を慮れなくなる病気です!!

わたしはそれに未だにガッツリかかっていたのです!

 

もう病気は半分治療できただろう!

と思っていたのですが

 

タダで集まったポイントを人にあげようとしていることに

絶望していました。

 

ちなみにスタバはあまり好きじゃありません。

でも若い女子は好きかな??と思ってセレクトしました。

 

家族で土日に行って消費します。。。。

 

何にポイントを変換すればよかったの?わたしなりの考え

 

今日は国境なき医師団

クレジットカードのポイントから寄付しました。

 

まあ、やはりタダでもらったポイントで

寄付するくらいなら千円札を募金箱に入れろよ

 

という声も聞こえてきそうですが

へへへ、募金はけっこうしているのよ。

 

そして大事なことですが

わたしがポイントを使わないと、そのポイントは消滅します。

 

クレディゼゾンのように、永久不滅ポイントもありますが

やはりそれでも、どこかで使わなくてはいけないでしょう。

 

そうなると、じぶんのお金じゃないというみみっちさもありますが

世のため人のためになるようにお金を使ったらいいんじゃない??

と思うのです。

 

クレジットカードのポイントは寄付しようぜ!!

 

わたしみたいに、ポイントが集まったからといって

あんまり大喜びしない人もいるんじゃないでしょうか?

 

そういう人でも、ポイントはほったらかしにして

自然消滅させず何か寄付しましょうよ。

 

お金というのは、何も紙幣やコインだけではありません。

金券のようにお金の働きをするものもあります。

 

人がお金と価値を認めたらそれがお金になる。

 

ポイントは換金して初めて

世の中で「お金」として認識されます。

 

換金しなければただの「数字の羅列」です。

 

 

ポイントなんか興味ねえや!!と思う人は

ポイントを寄付することをお勧めします。

 

だって寄付する、にボタンを押した瞬間

「数字の羅列」から、「お金」になるのですから。

 

ついでに、エポスカードからオリコカードに変えました

 

ずっとクレジットカードに興味がなく

初めて作ったエポスカードを使っていました。

 

今思えば、マルイはわたしの住む地域になく、シダックスも行かず、外食にも行かないわたしには間違いなく、相性がよくないカードでした。

 

ポイント還元率も0.5パーセントと低いですしね。

 

わたしが貯めた3000ポイントは

もしオリコカード還元率1パーセントで貯めていたら

6000ポイントになっていたのです!

 

ポイント還元率は馬鹿になりません。

オリコカードにしてたら国境なき医師団に6,000円相当寄付できてたよ!!

 

というわけで、寄付金額を上げるべく

オリコカードに乗り換えです。

 

 

同じく年会費無料、ポイント還元率1パーセントの

楽天カードとも迷いましたが、

クレジットカードのフェイスがオールブラックなのがかっこいいので

オリコカードを選びました。

 

わたしは男性脳なところがあるので

パンダさんのクレジットカードよりも

真っ黒カードに美しさを感じました。

 

まとめ クレジットカードのポイントだけでいろんなことが考えられる

 

クレジットカードについてあまり考えていませんでした。

クレジットカードを考えるということは、自らの人生とお金を考えるというものです。

 

かっこいい、人のためになるお金の使い方がしたいですね!