あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

住宅ローン減税が切れる10年後に1000万円の返済は可能なのか!我が家のケースでシュミレーションしてみた!

f:id:hakumaitakana:20170823150856j:plain

 

こんにちは!

投資ブロガーのあかりです!

 

住宅ローン組んでいますか?

マイカーローンや奨学金よりは金利が安いですが

それでも利息はなるべく払いたくないですよね!

 

住宅ローン減税期間は税金的に有利だから

繰り上げ返済をしたくないけれど

期間が終わったらすぐに返してしまいたい!

 

そう思うのが普通です。

 

 

我が家も住宅ローン減税の10年が終わったら

繰り上げ返済をしたいです。

 

目標は1000万円をまとめて返済して

借金を1000万円台まで減らすことです。

 

そこで普通の一般サラリーマン家庭の

我が家が10年後に1000万円を返済できるのか

シュミレーションしてみたいと思います。

 

 

毎年125万の貯金を10年続けた場合 あかり家のパターン

 

毎年125万円の貯金を10年続けると1250万円になります。

 

そのうち、10年後は外壁の修繕積み立て費として120万円発生。

さらに10年後は我が家の車がそろそろ買い替えの時期。中古で150万の予算とします。

ついでに買った家電もそろそろ10年たてば故障してきます。50万の予算とします。

 

さて、これらの費用を引くと930万円。

 

1000万円も繰り上げ返済するのは難しいですね。

930万円を全額繰り上げ返済したらあとは貯金が底をつきます。

 

あまり現実的ではありません。

 

毎年175万円の貯金を10年続けた場合 あかり家のパターン

 

毎年175万円の貯金を10年続けた場合はどうでしょう?

上とまったく同じシュミレーションでいくと1430万円もお金が残ります

 

そして繰り上げ返済1000万円しても、430万円もお金が残る計算になります!

 

これは現実的!

 

というわけで我が家では

毎年175万円以上貯金することが求められます!

 

50万の差がここまで大きな結果を呼ぶ

 

毎年の貯金額が50万円増えるかどうかによって、

住宅ローン返済に大きな影響を及ぼすことが分かりました。

 

50万円節約することは可能です。

お盆や正月に泊まりで出かけなければいいですし、

家電も家具も壊れるまで買わなければいいのです。

 

大きな買い物をしなければ

耐えうる金額、それが50万円。

 

あと10年はなかなか辛い計画ですが、

節約して頑張ります!

 

なかなか厳しいですが、1000万円の返済はは無理ではない金額ということが

わかり、ホッとしました。

 

ちゃんちゃん♪