あかりクラブ

少しの知識であなたに差がつく・女性のためのお金のハッピーリテラシーサイト

私はキャッシュレスでスマートにお金を貯める!還元率2%で税金負担を少しでも軽くしよう!

f:id:hakumaitakana:20170824123417j:plain

 

 

こんにちは!

投資ブロガーのあかりです!

 

わたしの今年の目標はなるべくキャッシュレスで生きることです!

あと30年後には完全にキャッシレスの時代になると言われています。

 

キャッシレスは韓国、中国、アメリカ、欧州でも

広がりを見せています。

 

日本以外の国はほとんどの決算が

現金を介さずに行われます。

 

現内閣では2020年までに

キャッシレスの波を加速させたいと発表しています。

 

つまり、早かれ遅かれ

対応できなければいけないということです。

 

わたしたちの子供が

大きくなることには、現金を持ち歩かない

生き方が主流でしょう。

 

今でもクレジットカードや電子マネーでの

支払いのほうが現金よりも安くすみます。

 

ネットバンクのほうが他行振り込み無料

ATM手数料無料など圧倒的にお得です!

 

しかも、イデコを始める際も

楽天証券住信SBI証券というネット証券が

業界最安値で行われています。

 

今すぐ、ネットでのお金のやり取りに

なれること!

それが今後の収入格差につながります!

 

これからは現金払いではなく、

キャッシレスが得する時代です。

 

 

そこで、キャッシレスの波に対応するために

今からできる3つのことをご紹介します。

 

 

①ネットバンクをメインバンク移行

 

ネットバンクを使えばスマホのアプリで振り込みが完了します。

わざわざ通帳印字なんてしに、銀行へ行かなくても

残高や履歴はスマホで簡単にみることができます。

 

マネーフォワードを使えば

それこそ家計簿なんて使わなくても

勝手に収支の計算をしてくれます。

 

これからはメガバンクよりも、ネットバンクの時代です。

実際にソニー銀行なんかはメガバンクよりも格付けが上で

信用度が高いものもあります。

 

ネットバンクといえど、セキュリティも安心です。

 

実際、メガバンク地方銀行は将来

その業務形態を変えるといわれています。

 

もうゼロ金利でお金儲けできないですからね。

支店作って窓口儲けて人件費かけていたら

バカらしくてやってられません。

 

そういう意味でも、今後メガバンクでは

預金に口座管理手数料をつけるのでは?なんて噂されています。

 

ネットバンクがつかえない高齢者向けに

毎月400円の口座手数料をとる、ということを

始めるかもしれません。

 

自分のお金を守る意味でも

少しづつネットバンクに慣れていきましょう。

 

今でも多くの20代はネットバンクをメインバンクにしているそうです。

地方銀行は年々、顧客が減っているのに対して

ネットバンクはどんどん口座と預金総額を伸ばしています。

 

今の銀行が破綻なんてしたら

めんどくさいですよ。

 

そうならないために、

今からネットバンクという仕組みに慣れていきましょう!

 

私は住信SBIネット銀行

新生銀行に口座を持っています。  

 

②ラインペイやデビットカードを使ってみる

 

デビットカードやLINEpayは口座にある預金以上のお金を

使わなくていいので、浪費グセのある人でも安心です。

 

なんといってもお釣りで硬貨をもらわなくて済むのが楽ですね。

しかもLINEpayは還元率2パーセント!

どんなクレジットカードよりもお得です。

 

100円かうと2ポイントつきます。

つまり8%の税金が6%にまで下がるということです。

 

使い方を工夫すれば12%ポイント還元なんて

裏技もあります。

キャッシレスはうまくいけば、

消費税がまるっと節税できます!!

 

これは現金にはない仕組みですよね!

 

しかもデビットカードやLINEpayを使えば

家計簿を作らなくても何にいくら使ったのか管理しやすいです。

 

LINEpayは実際、10代では当たり前に

使われているそうです。10代の対応の早さにびっくりします。

 

今の10代が20代になるころには

キャッシュレスは当たり前かもしれませんね。

 

わたしも早くLINEpayに対応したい!

今、ラインがアップデートできすLINEpayに申し込みができない状態です。。。

 

デビットカードは持っています!

 

③クレジットカードを使って公共料金を払う

 

これは一番、みんながやっている方法ですよね。

光熱費なんかはLINEpayは対応できていないので

そういう意味では、クレジットカードはあったほうが便利です。

 

デビットカードは一部のものは公共料金の支払いにも

使えるみたいですね。

 

わざわざ公共料金の振り込みをするならクレジットカードで

ポイント貯めたほうがお得です。

 

私はオリコカードです。

 

最後に、これが一番最強だと思う

 

一番最強なキャッシレスは、アイフォンにモバイルSuicaを入れて

おまけにLINEpayで財布すらいらなくなる方法です。

 

それでアップルウォッチを使えば

財布という概念が壊れそうです。

 

一番身軽でポイント貯まるのが

この方法だと思います。

 

いつかはこの方法でやりたいです!

 

 

銀行の今後を知りたいなら

 

息子に銀行に就職させる

とかやめたほうがいいかも

しれません。

 

もう今までのような銀行は

あと20年で姿を消すでしょう。

 

信用金庫とかどうやって生き残るのでしょうね。

銀行マンはメガバンクといえど

リストラのリスクは高そうです。

 

これからの銀行は高給取りの業界では

なくなるのではないでしょうか。

 

AIができる仕事があまりにも

銀行は多いです。

 

これからの銀行の敵は

ラインやアマゾン、Apple Pay、Suicaなどの

電子マネーフィンテック業界です。

 

以下が銀行と通貨、キャッシレスについて勉強するのにいい本です。

フィンテックという言葉はぜひ、覚えていてほしいです!

 

 

 

 

対話する銀行―現場のリーダーが描く未来の金融

対話する銀行―現場のリーダーが描く未来の金融

 

 

 

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)

 

 

 

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)