アスペルガーは食事で治る

アスペルガーの実態とは遅延型添加物アレルギーである。

発達障害を治すためにわたしが食べているもの

f:id:hakumaitakana:20180613180739j:plain

 

 

何度言われてもミスしてしまう

相手が何を言ってるのかわからない

頭の中がいつもぐるぐると思考が占領している

人と喋るのが怖い

 

そんな大人の発達障害

実は遅延型アレルギーの症状なのです。

 

アレルギーが腸を伝わり脳に影響を与えているから

これらの症状が出てきます。

 

つまり食べ物に注意すれば治るということ。

しかも食費は今までよりもずっとやすくなります。

 

わたしが治療するために食べているものを

今回はご紹介いたします。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

《朝》

 

ココナツオイルひとさじ舐め、

青汁を1杯飲みます。

朝ごはんは以上で終わり

 

※ココナツオイルはケトン体を作るために必要です。

発達障害を治すにはケトン体を脳に発生させ

脳の回転をスムーズにする必要があります。

 

※青汁はデトックスのために飲みます。

発達障害の人は人より多めにビタミンミネラルをとりましょう。

 

 

《昼》12時から

 

ココナツオイルをひとさじ。

それにプラスして

 

オートミールをお湯で煮込み

味噌を溶かしたものを食べます。

麦のおかゆのようなおいしさ。

 

オートミールは糖分が少ないので

糖質制限が必要な発達障害の人にとても相性がいいです。

 

たくさん入って800円くらい。

1食100円以下だと思います。

 

治すにはパンなどの小麦粉を使ったものは

食べてはいけません。

 

 

《夜》

 

ココナツオイルをひとさじ。

再びオートミールの味噌粥です。

 

オートミールに蜂蜜かけてフルーツのっけてもいいですね。

毎日味噌粥ですと飽きると思います。

 

ヨーグルトはオートミールにのっけてはダメ。

牛乳もダメ。

治すにはこれらのカゼインと呼ばれるものは食べるのをやめましょう。

わたしは健康のためにヨーグルトをよく食べていましたが

かえって具合が悪くなりました。

 

日本人は小麦粉と乳製品を

うまく消化する酵素をもっていないそうです。

 

そうなると腸が腐敗をおこし

治療から遠ざかってしまいます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

番外編

 

具合が悪いときはマヌカハニーをひとさじ。

市販の薬は絶対に飲まない。

抗生物質発達障害の相性は最悪のため。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

朝でも昼でも

いつでもいいのですが

わたしは鉄分と葉酸亜鉛サプリメントも飲んでいます。

あとはビタミンCのサプリメントです。

 

食事と呼んでいいのかわからないのですが

一応ここに載せました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

以上が発達障害を治す食事です。

発達障害を本気で治したいなら

普通の人と同じ食事は残念ならがダメです。

 

 

 

オートニールは植物性のタンパク質なので

タンパク質不足になることはありません。

 

この食事はけっこう完璧で

発達障害の人がとってはいけない肉と糖分が

省かれています。卵も抗生物質が含まれているので

食べてはいけません。

 

タンパク質とビタミンとミネラル。

それ以外の不要なものはとらない。

これが完璧な発達障害を治す食事です。

 

他には特別なものはいりません、

薬も必要ありません。

 

お金もかからないです。

やってみればわかります。

 

食事も凝ったものをつくらなくていいのです。

会社にオートミールとはちみつを置いておいて

トッピングのフルーツをお弁当箱に詰めていくとか

簡単にお昼が済ませられます。

 

フルーツを推奨しているのは酵素

含まれているからであり、お肉禁止なのは

酵素を奪うからと抗生物質の塊だからです。

 

酵素と若さには密接な関係があります。

酵素を奪うものを避け、酵素を積極的に摂ることは

アンチエイジングにもつながります。

 

以上、発達障害を治す食事でした。

これはガンでも白血病でもアトピーでも応用可能です。

ぜひ、実践してみてください。

とにかく添加物と抗生物質を食べないことが大切なのですから

 

ちゃんちゃん